最も醜いF1マシンは?マーチのワンツーか?

ヤフーの急上昇ワードを見ていたらフェラーリF310マーチ721という2台のF1マシンがランクインしていました。

何でF1マシンが急上昇ワードになっているのかな?と思って検索してみたらどちらもイギリスのAUTOSPRTS誌で「最も醜いF1マシンベスト5」に選ばれたようですね。

それで検索数が増えたようです。

ということで私も画像を見てみました。

でもフェラーリF310の方は別にそんなに醜くもないように思います。

これのどこが最も醜いのでしょうか?

確かにカッコ良くはないかも知れませんが普通のF1マシンに私には見えます。

最も角度によってはカッコ悪いのかも知れませんけどね。

 

その一方でマーチ721の方は本当にカッコ悪いと思います。

この画像だとそれほどでもないですが、正面から見ると強烈なものがあります。

それとこの721の前身のマーチ711もこれまた奇妙な格好をしています。

個人的にはむしろこちらの方に「F1史上、最も醜いマシン」の称号を与えたいと思います。

それにしてもこのフロントウイングは何なんでしょう。

見た目のカッコ悪さもさることながら、こんな上の方では空力的な効果が期待出来ないような気がします。

それとリアウイングもまた強烈ですね。

まるで何かの板のようです。

上にモノが置けそうですな。

 

これらのマシンが使用されたのは、年代的には1971年から1973年の初め頃までです。

往年の名ドライバーで後にチャンピオンになった二キ・ラウダや速さには定評のあったスタードライバーのロニー・ピーターソンもこのマシンでレースをしていたんですね。

もちろんカッコ悪くてもどんなに醜くてもレースですから速ければいいですけどね。

でもニキ・ラウダロニー・ピーターソンを持ってしても、どちらも優勝しておりません。

ですのでF1マシンとしては成功したとは言えないと思います。

それでもそこそこのレベルにはあったのかも知れませんね。

 

月日が流れ、2014年のマシンの評判も良くないですね。

特徴的なのはフロントノーズです。

俗にアリクイノーズと言われていますね。

他にもち〇こノーズとかも。

確かにその通りで言い得て妙だと思います。

しかし!往年のマーチ711やマーチ721に比べれば今年のF1マシンなど足元にも及ばないような気がします。

マシンを製作したチームやデザイナーとかのスタッフの方には大変失礼な話ですけどね。

デザイナーの方もどうせなら自分のデザインしたマシンがF1史上最も美しいマシンとかF1史上最強とか最速ランキングで上位に入りたいでしょうね。

最もその時のレギュレーションにも左右されるので、デザイナーさんではどうしようもない部分もあるでしょうけどね。