妖怪すねこすりがかわいい!でもかわいそうでおっさん号泣!その後は?

「ゲゲゲの鬼太郎」第6期がスタートして早くも1月と少したちました。

話も進んで第6話でございます。わしも所用で見逃した話もありますが、ほぼ毎週視聴させて頂いております。

評判も今の所、良いみたいですね。猫娘のビジュアルやまなちゃんも話題を集めていますしね。ただ50代の負け組のおっさんが見るアニメかとなると・・何とも言えないです。

それはさておき第6話についてです。まあ神回と言うことなんでしょうが、妖怪すねこすりがかわいそうで・・

それとすねこすりは最後に死んでしまったのでしょうか?それも気になります。

追記 無事に暮らしているようですね。良かったです!

 

第6話「厄運のすねこすり」の簡単なあらすじ

過疎が進む山奥の村で、老婦人が猫と一緒に暮らしています。その老婦人は猫にシロと名付け、家族のように可愛がっています。

そこへ家を出て東京へ行ってしまったフリーターの一人息子が帰って来ます。でもお互い意地を張ってしまったのか親子喧嘩になって、息子を追い出してしまいます。

息子が帰ろうとしたら近所のおばさんに呼び止められて、隣の人が死んでしまった話を聞きます。気になった息子は妖怪ポストに手紙を投函し、鬼太郎と目玉の親父、ねずみ男がやって来ます。

 

シロは外見は猫そのもので、とてもかわいらしいです。個人的にはまねき猫のようだと思いました。

しかしその正体は、人の生気を吸い取って生きている妖怪すねこすりでした。そのため一緒にいる人間はいずれ弱って死んでしまいます。でも自分の正体に気づいていませんでした。

すねこすり「なぜ俺から母ちゃんを奪おうとする」と言いますが・・

自分の正体を知ったすねこすりは静かに去ろうとします。

 

一方、老婦人はいなくなってしまったシロを探して山の奥深くに入り込んで、熊に出くわしてしまいます。

悲鳴を聞いたシロはすねこすり本来の姿になって駆けつけて、熊を撃退しますが自分もケガを負います。老婦人は本来の姿になったすねこすりを見てもシロだと気づきます。

しかし息子の方は妖怪だと思っていますからね。そこですねこすりと争いになりますが、すねこすりは二人に対して悪態を付きます。

それでも老婦人はシロに、家族だと告げます。

それを聞いたすねこすり「ど、どこまでも人の良いばあさんだな。それなら俺が食ってやろうか」とさらに悪態をついた所、息子に傘で叩かれます。

大げさに倒れたふりをしたすねこすりは逃げて行きますが、かなりショックだったようで落胆・憔悴しきったていでトボトボと歩いておりました・・

場面変わって親子がケンカしつつも仲直りしたシーンになりましたが、母ちゃんの方は「シロ、ありがとうね」とつぶやきます。

母ちゃんにはすねこすりの気持ちが分かっていたんですね。

 

すねこすりがあまりにもかわいそうで・・

で、第6話「厄運のすねこすり」を見た感想と言うか申し上げたいことは、

「朝っぱらから50代の負け組のおっさんを泣かすな!」

でございます。

わしゃすねこすりかわいそうでかわいそうでたまらんですわ。こんなかわいくて優しい妖怪がいますかね?

話が進んで行く途中でわしは何度も「頼むからハッピーエンドにしてくれ!」願っておりましたが・・そうはなりませんでした。脚本家の方はドSでしょうか。

まあ一人息子と母ちゃんにとってはハッピーエンドかも知れませんけどね。でもトボトボと歩いていくすねこすりを見ているとねえ。せつないです。

 

また鬼太郎と目玉の親父にはすねこすりに救いの手を差し伸べてやって欲しかったです。これだとほとんど何もしなかったと同じですよね。すねこすりに正体を告げただけです。

悪さをする妖怪ならやっつけるのは当然ですが、結果として人間に害を及ぼすとしてもすねこすりは優しい妖怪ですからね。

まあ母ちゃんと一緒に暮らすのは無理かも知れませんが、きちんとサヨナラさせるぐらいのことをしてくれても良かったと思いますが、どうでしょうか。

 

あと猫ではないですが、家にも愛犬がいますからねえ。今年で7歳ですが、早死にする可能性もありますからね。

すねこすりを見ながらうちの子もいなくなったら・・と言うのが頭をよぎりました。

 

すねこすりは死んでしまったのか?

その後、昨日の深夜にまとめサイトを見ておりました。

皆さん、いろいろな感想をお持ちですが、大概の方はわしと同じような感想を述べておられるようです。

ただわしよりも良く見ていらっしゃる方が多いですね。最もそれはわしがボケているだけかも知れませんが。

で、新たに山の中へと歩いて行くすねこすりが母ちゃんにつけてもらったシロという名札がついた首輪をくわえていたのを知りました。本来の姿になった時に、千切れて落ちてしまいましたからね。それを大事そうにくわえてもって行くとはねえ。

 

それから最後はどうなったかも気になります。わしは単純に去って行っただけかと思っておりましたがそうではないかも知れません。

ネット上でのご意見で多いのは、すねこすりはやはり力尽きて死んでしまったのではないかと。

理由としては、

・人の生気を吸って生きているので人がいないと生きていけないはず

・熊との戦いでケガをしたが、そこから妖気のようなものが出ていた

・風が吹いて鈴の音がチリンとなった後に、鬼太郎が少し寂しそうな顔で山の方を見たのは力尽きたことを悟ったのだろう

などですね。

う~ん・・・言われてみれば力尽きたと解釈するのが自然かも知れません。

 

でも救いはオープニングの「お化けにゃ学校も~♪」の時に、寺の境内を他の妖怪を追いかけて遊んでいるすねこすりが出て来るとのこと。私も見てみましたが、確かにあれはすねこすりですね。

しかし皆さんよく見ておられますね。

そしてオープニングに出ていると言うことは、鬼太郎ファミリーとして生きているのかも?「お化けはしな~ない♪」と言う歌詞もありますしね。

 

まあ個人的にはケガをして妖気が抜けたことで、普通の猫にはならないにしても人の生気を吸い取る妖怪ではなくなった、そしてゲゲゲの森で暮らしていると思いたいです。

あと猫つながりで、猫姉さんが何とかしてくれると良かったですね。

 

すねこすりのその後

2018.5.20 追記

かわいくてかわいそうでタマランすねこすりの回から早くも2週間がたちましたね。わしもすねこすりロスからは何とか立ち直りました。

ネットの声でもすねこすりのその後を気にしておられた方が多かったですが、なんと!本日放送の第8話で少しだけ出て来ましたね!ゲゲゲの森で無事に暮らしているようです!

ただ歩いていただけですが、それを見てわしゃ「おおっ!」と声を上げてしまいました。

おっさんがアニメにマジになるのも滑稽だと言うのは承知しておりますが、すねこすりの回はごんぎつねやフランダースの犬などと比べても遜色のない話だと思いますのでね。マジで感情を移入してしまいます。

いや~それにしても6期の鬼太郎の製作スタッフは神ですな。これぐらいの反響になることを見越してオープニングでも登場させていたのでしょうか。

今後にも期待したいですな!

 

2018.7.14 さらに追記 

第14話からエンディングテーマが変わりましたね!今度の曲名はGET A NOTEです。GET A NOTE→GETANOTE→下駄の音と言うことでベタではありますが秀逸な曲名ですね。

それでテーマが変わったことで動画も変わりましたが、その中にすねこすりが出てくるじゃないですか!

おそらく猫娘に引っ掻かれたねずみ男が逃げて行く姿を猫娘と並んでニコニコしながら座っております。これを見る限り、鬼太郎ファミリーの一員として幸せに暮らしているというていですね。

すねこすりの回はかなりの反響があったことと思います。そのためスタッフも気を使って第8話と今回の新エンディングで登場させたと言うことでしょう。

逆に言えばそれぐらい第6話は名作だったと思いますが、すねこすり自身の再度の登場も期待したいです!

 

最後に・・

いずれにしても今回は神回だったかも知れません。過疎の問題とか親子の断絶とかも折り込まれていますしね。

それと鬼太郎第6期は人間と妖怪とは一緒に生きられないと言うのがテーマというか基本路線でしょうか。まなちゃんは例外かも知れませんが、鬼太郎はまなちゃんにもそのような意味のことを言ってましたしね。

 

しかしわしは朝っぱらから気分が滅入ってしまいました。もしかしたらわしだけかしらんと思ってネット上の評判を見てみた所、わしと同じような気分になった方もたくさんおられるようですね。

でもアニメを見てこんな気分になったのは初めてですわ。

あとすねこすりのかわいさも話題になっています。ですので何とか鬼太郎ファミリーとしてまた登場させてくれませんかね。一気に人気キャラになると思いますが。

それと幸せになったすねこすりを見てみたいですしね!

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】