岐阜県可児市の長塚古墳は東農地方最大の前方後円墳!

私は子供の頃から歴史好きでございます。

やはり一番好きなのは多くの方がそうだと思いますが、戦国時代それから幕末が好きですね。あと源平の争乱や南北朝の動乱とかの時代も好きですが、古代史も結構好きです。

ですので古墳も好きでございます。今までに古墳のメッカ奈良県を始めとして遠くは岡山県などいろいろな古墳を見て来ました。

また現在、私が住んでいる可児市には岐阜県で確か三番目に大きい長塚古墳があります。

そこそこの規模の前方後円墳ですからね。歴史ファン、古墳ファンとしては多くの方に見て頂きたいので紹介してみたいと思います。

長塚古墳1

 

長塚古墳について

長塚古墳は可児市の中恵土にあります。

詳しくはwikiを見て頂きたいですが、すぐ近くに野中古墳、西寺山古墳があります。そしてこの3つの古墳を前波の三ツ塚と呼んでいます。

ただ長塚古墳以外は形は崩れてしまっていますけどね。それに元からこの3つの中では長塚古墳が最大だったと思います。

全長81メートルですからね。ローカルな古墳としてはかなりの規模だと思います。東濃地方で最大なのは間違いないですが、もしかしたら中濃まで入れても最大じゃないですかね。

それにちゃんとした前方後円墳です。犬をつれてたまに登りますが、結構な高さですよ。

後円部の一番高い所から見晴らしは結構、良いと思います。

長塚古墳2

前方部を見下ろすとこんな感じです。

長塚古墳2

横からです。

長塚古墳5

国の史跡に指定されています。

古墳6

一応、市も名所として整備しようとはしているみたいですけどね。でもまだそんなに進んではいません。

古墳4

どうせならバシッと整備して古墳公園みたいにして欲しいですけどね。

 

それから場所は可児市役所から東北の方向で、子守り神社からはほぼ東になります。車なら5分程度ですかね。

可児駅から歩くと少し早めに歩いても25分ぐらいかかるはずです。ですので見るなら車で来た方が良いですね。すぐ横に駐車も出来ますし。

 

しかし古代には私が住んでいる辺りは一等地だったのでしょうか。

このレベルの規模の古墳を3つも作るだけの力を持った、豪族がいたと言うことですからね。それと埋葬された方は、さぞかし立派な方だったでしょうねえ。

場所的に愛知県犬山市の青塚古墳を作った勢力との関連も言われていますが、個人的にはまったく別物だと思いますけどね。

今の時代なら隣の市でしょうが、古代の感覚ならかなり離れていたはずですからね。

 

その他の地域のおすすめの古墳

私が今まで生きて来た中で、古墳が好きというような人間は高校・大学の同級生1人しかいませんでした。

ですがその古墳好きの友人と一緒に伝・仁徳天皇陵、応神天皇陵、履中天皇のベスト3は見に行っております。

その他、第4位の岡山の造山古墳、9位の同じく岡山の作山古墳とか8位のニサンザイ古墳、11位の卑弥呼の墓という説もある箸墓古墳とかも行ったことがあります。

中でも私個人のオススメは岡山の2つの古墳、造山古墳作山古墳ですね。

多くの大規模古墳は宮内庁の管轄ですから中へ入ることは出来ません。ですので大規模な古墳の上まで登るのが可能なのは岡山の2つの古墳しかないと思います。

まあ上に登ってどうこうではないかも知れませんけどね。

 

最後に・・

と言うことで私の家の近くにある岐阜県可児市の長塚古墳を紹介させて頂きました。

古墳ファンの方であれば見て損はないと思いますけどね。

もし機会があれば是非!