しぶんぎ座流星群を見よう@岐阜!2019年のピーク、時間帯、方角は?

毎年、年の初めには、その年のトップを切ってしぶんぎ座流星群がやってきます。

しぶんぎ座流星群ベルセウス座流星群、ふたご座流星群と並んで三大流星群の1つですね。ただ他の2つと比べるとそれほど知名度は高くないかも知れません。

新年が明けて最初の、それもお正月の時期ですからね。お休みの方も多いと思います。新年早々、夜空を見上げてボケーっとしながら真冬の天体ショーを楽しむというのも風情があっていいですな。たまには風流な人間を気取るのもいいのではないでしょうか。

流れ星をたくさん見ることが出来れば良い年になるかも知れませんしね。と言うことで、しぶんぎ座流星群2019@岐阜について紹介してみたいと思います!

Shooting, Star

しぶんぎ座流星群2019の観測日は?

2019年も例年通り、毎年1月1日~1月5日頃までがしぶんぎ座流星群の期間です。

そして1月4日の明け方の午前5時頃に活動がピークになることが多いとのことですが、2019年は午前11時頃とのこと。さすがにこの時間帯では見ることが出来ないので午前3時前後~で良いと思います。

 

1時間に20~40個ぐらいが標準で、活動が活発な年は60個ぐらい観測することが出来るようです。もちろんピークの日だけではなくその前後も観測することが出来ますけどね。

方角としては北東の方向を見上げればいいそうです。

しかし天気がどうなるかという問題もありますよね。何とかスカッと晴れて絶好の流星群観測日和になるといいですね。最もこればかりはどうしようもないですが。

 

それから1月4日は真冬です。ふたご座流星群の時以上に寒さ対策はしっかりとしておいた方がいいでしょうね。

私も天気次第ですが、例年通り近所の公民館の駐車場まで行って見ようと思っています。早起きしてか夜更かししてかどちらになるかは分かりませんけどね。でも時期的に夜更かししてということになると思いますが。

そしてたくさんの流れ星を見ることが出来たら願い事が叶うようにお願いしようと思います。おっさんが正月早々、こんな乙女チックなことをやるのも何でございますが、何とかの時の神頼みとか言いますからね。

最も流れ星にお願いして今までに一度も願い事が叶ったことはございませんが・・

 

あと他の流星群と比較すると数は少ないですが、しぶんぎ座流星群の観測ツアーもあります。またライブもありますからね。そういったものを利用するのもありかもしれません。

 

気になる2019年1月4日の岐阜のお天気は?

1月4日未明の12月27日現在の天気予報を見ると、美濃地方は曇り時々晴れと言う予想が出ています。ですので観測条件は少し悪いかも知れません。

一方、飛騨地方はほぼ全域に渡って曇りの予報ですね。観測するのは厳しいかも知れません。最も雪が降らなければ大丈夫だとは思うんですが。

まあこればっかりはねえ。天気のことですからどうしようもないですが、良い観測日になることを願うしかないですね。

 

それから繰り返しますが、真冬でございます。くれぐれも寒さ対策だけはしっかりとされた方が良いと思います。

新年早々、風邪をひくのも何ですからね。

 

まとめ

今回は真冬の夜の天体ショー、しぶんぎ座流星群@岐阜についてアップしてみました!

しかしお盆休みの時期にベルセウス座流星群、お正月にはしぶんぎ座流星群を見せて下さるとは天も粋なことをなさいますね。愚かな人間どもに休みの時期ぐらい清らかな心で過ごせと言う菩提心でしょうか。

しかし私は今までにこの流星群だけははっきりと見た記憶がありません。もちろん見ようとしたことはあったはずですが、見ることが出来なかったはずです。

でも2019年は気合を入れて観測してみようと思います!流星をたくさん見ることが出来たら2019年こそは良い年になるかも知れません。

そのためには何よりもまず晴れてくれないとね。