マイケル・ジャクソンは睾丸を摘出済み?人類最後のカストラートか

マイケル・ジャクソンはわしらの世代にとってもスーパースターです!

亡くなってからもうかなりたちましたが現在でもその人気は衰えてないといった感じですね。死してなおいろいろな話題を提供してくれます。

一説には顔を変えまだどこかで静かに暮らしているなんて話もありますし、死因については陰謀説などもありますよね。確かにアメリカには有名人がいつ死ぬと一番金になるのかというコンサルティングをしている人もいるそうですからね。

もしかしたらと思わないでもありません。しかしさすがアメリカと言うか何でもありですね。恐ろしい国でございます。

それと私は今日知って驚いたのですが、マイケル・ジャクソンは睾丸を摘出していたという噂があるそうですね。もしそうだとしたら、いわゆるカストラートだった?

いくら何でもウソだと思いますが、事実はどうなんでしょうか?

マイケルジャクソン

 

カストラートについて

その昔にはカストラートという人たちがいました。ボーイソプラノの声をキープするために少年の頃に睾丸を取った人たちです。

成長するに従って肺活量とか骨格は成長するのに声はそのままのため、その声量はボーイソプラノや女性歌手、カウンターティナーとは比べ物にならないぐらいだったそうです。最も人によって差はあると思いますが。

それにカストラートとして成功すれば莫大な報酬を得ることも可能だったため、声のきれいな少年がいると親とかが睾丸を取ってしまうということもあったらしいです。

そのために命を落とす子もいたとか。洋の東西を問わず昔も今も人間はえげつないですな。でも19世紀末になって当時のローマ法王が人道的見地から禁止したということです。

何年か前に人類最後のカストラートのAlessandro Moreschiという方の音源が話題になったりもしましたね。

youtubeでも見ることが出来ますが、写真を見るとただの太ったオッサンに見えます。それと残っている音源はピークを過ぎてからのものだということです。それもあってか失礼ながらそんなに衝撃的な歌声でもないような気がします。

ただAlessandro Moreschiも全盛期は「ローマの天使」と言われたそうですからね。やはりその名に恥じないレベルだったのでしょう。

 

マイケルもカストラートだった?

それはさておきマイケルも少年の頃にそういった手術を受けているんでしょうか。もしそうならマイケルこそ人類最後のカストラートということですよね。

確かにマイケルの声はボーイソプラノと言ってもいいぐらい高いです。それに男性としては華奢で女性的と言えなくもありません。ですが高い声をキープするためと言ってもそこまでやりますかね。

ただマイケルの子供たちは人工授精ですし、配偶者とは性的な行為もほとんどなかったとも言われていますからね。可能性はゼロではないかも知れません。

しかしこのご時勢に仮に自ら望んだとしても、この手の手術をしてくれる医者はいないと思いますけどね。

まあ願望も含めてそう思いたいですね。ですのであくまで都市伝説だと思いますが・・

追記 2018.7.14

・・と思っていたら、マイケルの元主治医だったコンラッド・マリー氏が、マイケルが12歳ぐらいの時から父親にホルモン注射を投与され始め、科学的に去勢されたと言う声明を発表したと言うニュースがありました。

マリー氏はマイケルの父親を「史上最悪な父親に数えられる人間」と非難しています。確かに外科的な手術でなくても科学的にも去勢は可能でしょうね。

ただマイケルの父親は医師ではないので自分で注射するわけにはいかないと思います。そのため医師の協力がないと困難だと思いますけどね。まあお金次第で協力してくれる医者など簡単に見つかるかも知れませんが。

となるとやはり噂は本当だったのでしょうか。しかしこの元主治医のマリー氏にもいろいろな噂がありますよね。素直に信じても良いのかと言う気がします。

 

まとめ

今回はマイケル・ジャクソンが睾丸を摘出していたと言う噂とカストラートについてアップしてみました!

あと追記で2018年7月の主治医の声明も紹介しましたが、どうあれ個人的にはウソであって欲しいと思いますけどね。それに2014年にはマイケルの隠し子騒動もありましたしね。

しかし皮膚病の治療の一環で投与されたホルモン注射が結果として科学的な去勢と同じ効果が出てしまったと言う可能性はあるかも知れないとも思います。マイケルが長年、皮膚病で悩まされていたのも事実ですしね。

ただマイケルの父親も死去しましたし、今となっては事実だったのかどうかわかりません。

それとマイケル自身ももうそっとしておいて欲しいかも知れませんね。