ドラマ「株価暴落」のキャスト、感想、個人的な評価

「株価暴落」は2014年にWOWWOWの連続ドラマWで放送されたドラマです。

池井戸潤さんの同名の小説をドラマ化した作品ですね。

池井戸潤さんと言えば大ヒットしたドラマ「半沢直樹」シリーズの原作者でもありますよね。

岐阜県加茂郡八百津町出身と言うことで現在わしが住んでいる所からも近いです。

ただ八百津町の中でも久田見という地区ですからかなり山奥ですけどね。

ちなみに久田見は油揚げで有名な所です。

 

わしは半沢直樹シリーズは見ておりません。

あれだけ話題になったドラマですからいずれ見てみたいとは思っていますが、その前に同じ原作者のこのドラマに興味がわきました。

もちろん「株価暴落」と言うタイトルにも惹かれましたしね。

企業同士のM&A絡みの話かなと勝手に想像しておりました。

でも違っていましたけどね。

ストーリーとしては旧態全とした経営再建中の巨大スーパーとその経営者並びに経営陣、それを支えるメインバンクの銀行員の内部抗争というか主導権争いという感じです。

キャストは主人公の銀行員を演じるのは織田裕二さん、そのライバル、敵役は高嶋政伸さん、スーパー側の財務部長に石黒賢さん、広報室長に石橋凌さん、その創業者に竜雷太さん、事件を担当する刑事役に板尾創路さんと言った所です。

結構、豪華なキャストですね。

 

個人的な感想・評価

それで見終わってわしの正直な感想は・・・

良くも悪くも「何じゃこりゃ」と思いました。

役者さんもいい役者さんが揃っているんですけどね。

面白いには面白いですけどどうもリアリティに欠けるというか違和感のようなものを感じました。

それと高島さんが張り切りすぎです。

普段からこんな怒った顔して歩いているヤツはいないと思います。

それと演技もオーバーすぎると思います。

時代劇の悪代官かと思いました。

見ていると思わず笑ってしまいます。

まあ笑わせてもらいましたので良かったと言えば良かったですけどね。

 

しかし池井戸さんは実際に銀行員をやっておられたそうですが、それにしてはリアリティという面ではどうかという気がします。

わしも証券会社におりましたので仕事の面とかで銀行員とは付き合いもありました。

でもわしの知る限り銀行員で織田裕二さんが演じた役のような人物はいないかいても非常に少ないと思います。

もしたくさんいたらもっと良い世の中になっているでしょうね。

最もあまりにリアルに描き過ぎたらドラマにならないでしょうけどね。

 

ただ「半沢直樹」シリーズも似たような路線なのでしょうか。

もしそうならわしゃ見んでもいいかなと思います。

あと「株価暴落」というタイトルはミスマッチだと思います。

わしはこのタイトルから企業の買収とか仕手戦のような内容のドラマかと思ったんですけどね。

だから見てみたいと思いました。

でもそんな内容ではないですからね。

確かに株価は暴落はしますがストーリーとはそれほど関係ないように思います。